カテゴリ:★☆メディア掲載☆★( 10 )

【メディア掲載】 『フォトアサヒ』コラム


朝日新聞社が後援する写真愛好家の組織「全日本写真連盟」の連盟機関誌

フォトアサヒ
にて、2017年2月から12月までの全11回のコラムを担当させていただきました。

テーマは、『家族写真の撮り方』。

新生児から乳幼児、七五三、年賀状用の集合写真の撮り方など
撮影術からエピソードを交え、ご紹介しました。


d0170980_10113186.jpg

並べるとこんな感じ146.png


d0170980_10112084.jpg

そのいくつかの号の内容をご紹介111.png

d0170980_10150348.jpg

d0170980_10160301.jpg
d0170980_10173121.jpg



毎度、どんな内容にするか
う~んう~んと悩みながら書いてきた11回分。。。

ようやく最後の号が昨日手元に届き、ほっと安心しているところです。

そして、来年からは、
旅写真コラムがスタートする予定!127.png

さらに悩ましい時間が続きますが(笑)、
これまで撮りためてきた写真たちを
ご紹介できることができて、嬉しく思っています。

一体どうなることやら、自分でもドキドキですが、
また来年、同じように
ここでもその内容をご紹介できるように
1つ1つのコラムを頑張っていきます!!





【片山しをりプロフィール】
2007年日本大学部写真学科卒業。東京都出身。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。新写真派協会会員。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真を≪ニューボーンフォト≫と称し本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2016年『朝日新聞』大阪版・東京・全国版、
2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』では
テーマ写真
に抜擢。この有料セミナー講演や、保育事業の最大手である株式会社日本保育サービスでの園内研修で
1100名以上対象の講師を務めるなど、
企業向けの写真講座にも多数登壇。
現在も、独自の目線で、赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼カメラマンとしても日々奮闘中!
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2017年2月1日より〔フォトアサヒ〕にて「家族写真の撮り方」コラムの連載を担当しています(2月号より全11回)
・2016年11月2日〔朝日新聞〕本紙朝刊 東京本社版(全国)にて、片山しをりと写真作品が掲載されました
  生まれたて、輝く1枚 乳がん経験の写真から、「ニューボーンフォト」撮影:朝日新聞デジタル
 http://www.asahi.com/articles/DA3S12637889.html
・2016年9月28日〔朝日新聞〕本紙朝刊 大阪本社版にて、片山しをりと写真作品が掲載されました
  生まれてくれてありがとうの1枚 ニューボーンフォト:朝日新聞デジタル
 http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ9W6J7HJ9WUBQU00Q.html
・2016年1月号スタジオNOW』の表紙ほか特集ページに、片山しをりと写真作品が掲載されました
http://swrphoto.exblog.jp/22804697/
・2014年5月15日〔朝日新聞〕本紙朝刊 神奈川県版にて、保育士・学童指導員約1100名以上を対象とした
 株式会社日本保育サービスでの写真講座の取材記事が掲載されました
 
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140515150230001.html

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
Instagram:@Shiworiphoto
************************************

[PR]
by shiworims | 2017-12-04 10:35 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】『朝日新聞』朝刊 東京本社版(全国)にも掲載されました!




前回、2016年9月28日付け朝日新聞】朝刊 大阪本社版 に続き、

本日2016年11月2日付け 【朝日新聞】朝刊 東京本社版(全国) にも
ニューボーンフォトが掲載されました。

d0170980_07554841.jpg
d0170980_07552959.jpg
※記事全文は一番下に記してあります



前回の大阪版がこちら↓カラー印刷だとこうなります!

d0170980_17455337.jpg

私は東京版を購読しているので、
朝ポストから取って見られるというのがとてもうれしく、
「11月2日に載る予定です!」と記者さんからご連絡をいただいた時から待ち遠しかったこの記事016.gif
(今朝は、友人や親族、さらには福岡にお住いのお客様からも先に「見たよ!」と連絡が来て、やや焦りながら急いでポストへ小走り(笑))

編集者さんが違うということで、
見出し・レイアウトも変わりました!060.gif印象が変わる!
(写真も大阪版は少しトリミング(四隅をカット)がありますが、全国版はフルサイズ(元のまま)でした!)


大阪、東京双方で載るということがあるんですね・・・そして、編集者さんも変わる!
しかも、東京だけだと思っていたら、
東京版=全国沖縄から北海道まで見られるということ!!!えええっ

というのが、正直な感想005.gif
素敵な記事を書いていただいたので、
いろいろな地域で見ていただけて嬉しい限りです。
(佐賀県のホテルのロビーでたまたま手に取った知人からの連絡も・・・!!)


そして、
朝日新聞さんでは、これで3度目の掲載。


第一号は神奈川県版で
保育事業最大手の日本保育サービスでの写真講座の様子が記事になり(2014年5月15日)、

d0170980_11181111.jpg
d0170980_11120699.jpg



次いで、ニューボーンフォトが大阪本社版に出ることになり(2016年9月28日)、
それだけでも嬉しかったところ、
密かに願っていた「東京でも見られたらいいなあ」が実現して本当に驚きですが、
それが全国になり・・・・・・・!!

出会いと出会いがつながって、このような運びとなり、
とても有難い思いでいます。


電話口でぺちゃくちゃ言葉に迷いながらいろいろ話した内容が
こんなに綺麗に(2つのストーリーが1つに)まとまるなんてスゴイ!
と、2つ並んだ記事の贅沢さを感じながら、改めて思ったのでした。



******* ******* 記事全文 ******* *******


■生まれたて 輝く1枚 
乳がん経験の写真家ら、「ニューボーンフォト」撮影

 生まれたての赤ちゃんの写真、ニューボーンフォト。
新しいその写真表現に魅せられた女性がいる。
乳がんと闘って身にしみて感じた命の輝きへの思いを、写真1枚1枚にこめる。

 大阪府在住の写真家、平金(ひらがね)朋子さん(47)がお乳のしこりに気づいたのは2008年。
医者に行くと、5センチほどの腫瘍(しゅよう)はがんだった。
自分の身に起こったこととは思えず、涙も出ない。じわじわ恐怖がこみ上げた。私は死ぬのか――。
 右胸を全摘し、再建手術をした。術前、術後と2年近く抗がん剤治療が続いた。
吐き気は苦しく、髪の毛もまつげも抜けた。このとき、38歳。「この体で、もう子どもは持てないな」。つらかった。
 メーカーで事業開発をし、テレビ局に転職してアシスタントプロデューサーとなり、がむしゃらに走ってきた。
ストレスで体調を崩し、退社。そして、がんとの闘い。交際していた人は病気を知り、去った。
「仕事もなく体をこわし、ひとり。どん底でした」
 支えてくれたのは家族だった。おいやめいがいとおしくて、カメラを向けた。優しい気持ちがわきあがる。
写真に興味がわき、3年前に妊婦さんを撮るスタジオで働き始めた。
 そんな駆け出しのころ、ネットで新生児を撮る写真を知った。
生まれたての赤ちゃんがこんなにかわいいなんて! 死を見つめたからこそ感じる命の神秘。写真家になろう。
立ち直るきっかけをニューボーンフォトがくれた。
 ママのおなかの中で安心して眠っているような姿の赤ちゃんを撮るのが目標だ。この2年で20人ほど撮った。
「将来写真を見て、愛情に包まれていたと本人はかみしめてほしいし、赤ちゃんを迎えたときの喜びを
お母さん、お父さんも思い出してほしい。子育てができるって、幸せなことなんです」

 日本でのニューボーンフォトの第一人者といわれるのは、埼玉県在住の写真家片山しをりさん(31)。
生後28日未満が新生児と呼ばれるが、片山さんは「生後数日から3週間以内の赤ちゃんを撮っています」という。
 片山さんは08年、米国に滞在中、著名な写真家アン・ゲデスさんの写真集で新生児を撮る作品を知った。
「きれいで圧倒されました」。米国や豪州で広がっているといわれるが、当時日本で手がけている人が見当たらず、
ニューボーンフォトと名付けて活動を始めた。
 生まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃ。「細い目をあけたときの瞳のきれいなこと。ここはどんなところ?
確認するように世界を見ているんです」
 待っていたよ、と新しい家族を見つめるママたちも自然に笑顔がにじみ出る。期間限定の特別な写真だ。
「生まれてきてくれてありがとう! そんな家族の思いと表情を残すのがだいご味です」
(河合真美江)



056.gif『HAPPY NEWSな記事』にも選ばれました】056.gif

“新聞をめくって心が温かく、幸せな気持ちになったり、
勇気が湧いてきたり、新しい発見があったりした新聞記事”……

新聞社各社から寄せられた記事を厳選し、
『HAPPY NEWSな記事』としてまとめられている日本新聞協会のHAPPY NEWSに

今回の記事も加わることとなりました!!

“新聞は事件、事故などの悲しいできごとや、
政治経済などの難しい話ばかりではなく、
実はみなさんの生活に、いつも元気を届けようとしています。
「新聞がHAPPYを届けている」ことを知ってもらいたい。
そんな思いをこめたHAPPY NEWSキャンペーン”。

記事の全文が読めるので、ほかの記事もぜひぜひご覧いただければと思います。(*・v・*)

http://www.yondoku.com/20161102m_asahi17/
d0170980_16523299.jpg




















【片山しをりプロフィール】

2007年日本大学部写真学科卒業。東京都出身。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。新写真派協会会員。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真を≪ニューボーンフォト≫と称し本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2016年『朝日新聞』大阪版・東京・全国版、
2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』では
テーマ写真
に抜擢。この有料セミナー講演や、保育事業の最大手である株式会社日本保育サービスでの園内研修で
1100名以上対象の講師を務めるなど、
企業向けの写真講座にも多数登壇。
現在も、独自の目線で、赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。

プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼カメラマンとしても日々奮闘中!
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2016年11月2日〔朝日新聞〕本紙朝刊 東京本社版(全国版)にて、片山しをりと写真作品が掲載されました
  生まれたて、輝く1枚 乳がん経験の写真から、「ニューボーンフォト」撮影:朝日新聞デジタル
 http://www.asahi.com/articles/DA3S12637889.html
・2016年9月28日〔朝日新聞〕本紙朝刊 大阪本社版にて、片山しをりと写真作品が掲載されました
  生まれてくれてありがとうの1枚 ニューボーンフォト:朝日新聞デジタル
 http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ9W6J7HJ9WUBQU00Q.html
・2016年1月号スタジオNOW』の表紙ほか特集ページに、片山しをりと写真作品が掲載されました
 http://swrphoto.exblog.jp/22804697/
・2014年5月15日〔朝日新聞〕本紙朝刊 神奈川県版にて、保育士・学童指導員約1100名以上を対象とした
 株式会社日本保育サービスでの写真講座の取材記事が掲載されました
 
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140515150230001.html
・2014年3月~仕事旅行社の『フォトグラファーアシスタントになる旅』ホスト先となりました(おやすみ中)

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
Instagram:@Shiworiphoto
写真集: 
http: //bit.ly/1bBNp8R
************************************



[PR]
by shiworims | 2016-11-02 08:03 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 『朝日新聞』朝刊 大阪版に掲載されました!



2016年9月28日付け 【朝日新聞】朝刊 大阪版 にニューボーンフォトが掲載されました。


d0170980_17455337.jpg
d0170980_17453912.jpg




加えて、朝日新聞デジタルにもご紹介いただきました!
   
  056.gif生まれてくれてありがとうの1枚 ニューボーンフォト:朝日新聞デジタル
    
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ9W6J7HJ9WUBQU00Q.html

    (※全文ご覧いただくには、朝日新聞デジタルの無料登録が必要です)



今回、大阪版への掲載ということで、
埼玉在住の私は確認できなかったこの紙面028.gif

当日は先に朝日新聞デジタルを見て、紙面がどんなのだろうと楽しく待っていました。
そして、届いた、朝刊!

思っていた以上に大きく作品が扱われ、内容にも感動しました。

そして、届いた、大阪の読者様からの感想メールの数々。


離れた土地で、こうしたアクションをいただいて、
大変ありがたく思いました。ありがとうございます!


思いがけない流れでいただいた今回の掲載。
ニューボーンフォトが人と人を結びつなげる架け橋にもなれていることを
とてもうれしく感じました。






【片山しをりプロフィール】
2007年日本大学部写真学科卒業。東京都出身。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。新写真派協会会員。
2009年より、国内では事例のなかった新生児の写真を≪ニューボーンフォト≫と称し本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真などに抜擢。この有料セミナー講演や、
保育事業の最大手である株式会社日本保育サービスでの園内研修で1100名以上対象の講師を務めるなど、
企業向けの写真講座にも多数登壇。現在も、独自の目線で、赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼カメラマンとしても日々奮闘中!
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2016年9月28日〔朝日新聞〕本紙朝刊 大阪県版にて、片山しをりと写真作品が掲載されました
  生まれてくれてありがとうの1枚 ニューボーンフォト:朝日新聞デジタル
 http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ9W6J7HJ9WUBQU00Q.html
・2016年1月号スタジオNOW』の表紙ほか特集ページに、片山しをりと写真作品が掲載されました
http://swrphoto.exblog.jp/22804697/
・2014年5月15日〔朝日新聞〕本紙朝刊 神奈川県版にて、保育士・学童指導員約1100名以上を対象とした
 株式会社日本保育サービスでの写真講座の取材記事が掲載されました
 
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140515150230001.html
・2014年3月~仕事旅行社の『フォトグラファーアシスタントになる旅』ホスト先となりました(おやすみ中)

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
Instagram:@Shiworiphoto
写真集: 
http: //bit.ly/1bBNp8R
************************************

[PR]
by shiworims | 2016-09-30 19:33 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 『スタジオNOW』2016年1月号


写真館・スタジオなど営業写真業界を中心に3000近くの場所に届けられている情報誌
2016年1月号の
『スタジオNOW』

かねてより私が撮影を続けている“Newborn photo ニューボーンフォト”(新生児の写真) ほか、
七五三写真家族写真、旅写真など、
もろもろが特集されました

d0170980_20413414.jpg
d0170980_18594233.jpg

(↓↓私がライフワークで撮っている旅写真が、表紙・裏表紙・中表紙に↓↓

d0170980_18592959.jpg
d0170980_18593264.jpg


発行元の株式会社プロメディアさんには

過去にもニューボーンフォトを大きく取り上げていただいたことがあり、

『スタジオNOW』2013年2月号・5月号・7月号をはじめ、
同年6月には、東京ビッグサイトにて開催の、
日本唯一最大のフォトビジネスフェアPHOTO NEXT 2013テーマ写真として

ニューボーンフォト各入り口に巨大化して設置されたり、
公式パンフレットやポスターへ全面掲載されたり、
全国各地の写真館・スタジオの方々向けに有料セミナー講演をさせていただくことになったり…と、

私の写真人生最大の、大きな分岐点となる、大変貴重な経験をさせていただきました。


※プロメディアさんは『PHOTO NEXT』(毎年夏開催)も主催しておられます
d0170980_20445007.jpg
d0170980_20453467.jpg
d0170980_20540149.jpg
d0170980_20352611.jpg
⇒ 当時のもろもろのエピソード http://swrphoto.exblog.jp/18819587/




それからのご縁で、2016年の最初の号にぜひ!
今回も取材のお願いをいただいての掲載…!

イベント後の私の活動も注目してくださっていたとのことで、本当に感激いたしました;_;)


しかも今回は作品だけでなく、これまでの写真の道など私自身のことにも触れていただき、
こんなに密な内容で書き記してくださり…!005.gif



d0170980_21024761.jpg


『スタジオNOW』『PHOTO NEXT』
営業写真業界の専門誌・イベントとしては最大のメディア。


それまで日本では誰もやっていなかった新生児の写真を「ニューボーンフォト」として
ゼロの状態から模索し撮り続けてきた自分にとって、
考えもしなかった大きな場所でこうして大きく取り上げていただけたということが
言葉にならないほど嬉しく、とても大きな意味をもつものになりました。





今回の「スタジオNOW」での掲載も
今までお会いしたたくさんのご家族からのご協力と支えがあったからこその場。
被写体となっているご家族の皆様方にぜひともお届けしたい!と
今回もプロメディアさんに大量にご送付いただいたところ…055.gif
「娘が何度も最初から開きなおして、
自分を見つけて嬉しそうにしていました☆」「旦那もニヤニヤして喜んでいます!」
という
喜びの声もいただいて、とても感激でした007.gif072.gif


ご紹介と、皆様からのご協力を
どうもありがとうございました(><)






【片山しをりプロフィール】
2007年日本大術学部写真学科卒業。東京都出身。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真を≪ニューボーンフォト≫と称し本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真などに抜擢。この有料セミナー講演や、
保育事業の最大手である株式会社日本保育サービスでの園内研修で1100名以上対象の講師を務めるなど、
企業向けの写真講座にも多数登壇。現在も、独自の目線で、赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼カメラマンとしても日々奮闘中!
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2016年1月号
スタジオNOW』の表紙ほか特集ページに片山しをりと写真作品が掲載されました
・2015年11月22日開催 仕事旅行社×TWDWのコラボイベント『日本仕事博』にて
 “仕事旅行で人気の10名の仕事師たち”として登壇いたしました
 https://www.shigoto-ryokou.com/article/detail/17
・2014年9月20日〔トルテ〕vol.4 に、仕事旅行社での『フォトグラファーアシスタントになる旅』特集ページが掲載されました
 http://www.torte-mag.com/?page_id=468
・2014年5月15日〔朝日新聞〕本紙朝刊 神奈川県版にて、保育士・学童指導員約1100名以上を対象とした
 株式会社日本保育サービスでの写真講座の取材記事が掲載されました
 
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140515150230001.html
・2014年3月~仕事旅行社の『フォトグラファーアシスタントになる旅』ホスト先となりました

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
Instagram:@Shiworiphoto
写真集: 
http: //bit.ly/1bBNp8R
************************************

[PR]
by shiworims | 2016-01-22 19:26 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 『トルテ』vol.4

d0170980_18112584.jpg


とてもセンスのいい、オシャレな季刊誌
『トルテ』vol.4(9月20日発売号)
http://www.torte-mag.com/?page_id=468
に、私がホスト先として担当させていただいている
仕事旅行社の
「フォトグラファーアシスタントになる旅」の特集ページが掲載されました!(^0^)ノ



d0170980_18063709.jpg
d0170980_18064753.jpg
d0170980_18064085.jpg
d0170980_18064418.jpg
↓ 実際に私が撮影していた写真がこちら
d0170980_18124396.jpg
『フォトグラファーアシスタントになる旅』とは?



そんな私の旅は、おかげさまで、開催開始から満員御礼が続き
次回10/4もキャンセル待ちになっております。
しかも、この日は北海道からご参加される方が来られる予定!
(過去には大阪からの方もいらっしゃいました(◎0◎))
わざわざ遠方まで足を運んでいただき、本当に有難いかぎりです。

ほかのお二人も「写真家になるには」を知りたい、ということで、
またも濃い濃い1日となりそうです。

お天気にも恵まれますようにっ♪
(※現在一度も雨に降られることなく、晴れ女ぶり発揮中)



★仕事旅行とは?





【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。東京都在住。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
そのほか株式会社
日本保育サービスでの園内研修で、全保育士・学童指導員1100名以上対象の写真講座講師を務めるなど
活躍の場を広げている。
プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼専属カメラマンとして日々奮闘中。
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2014年9月20日〔トルテ〕vol.4 に、仕事旅行社での『フォトグラファーアシスタントになる旅』特集ページが掲載されました
 
http://www.torte-mag.com/?page_id=468
・2014年5月15日〔朝日新聞〕本紙朝刊 神奈川県版にて、保育士・学童指導員約1100名以上を対象とした
 株式会社日本保育サービスでの写真講座の取材記事が掲載されました
 
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140515150230001.html
・2014年3月~『フォトグラファーアシスタントになる旅』@仕事旅行社 実施中!

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
写真集: 
http: //bit.ly/1bBNp8R
************************************

[PR]
by shiworims | 2014-09-29 17:44 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 『朝日新聞』 掲載 と 日本保育サービスでの写真講座


d0170980_22554927.jpg

2014年2月~6月にかけ、
保育事業の最大手で、首都圏を中心に100か所以上の保育園と45か所以上の学童クラブ・児童館を運営している
株式会社日本保育サービス http://www.nihonhoiku.co.jp/ からのご依頼により、
園内研修として、全保育士(+学童指導員)向けの「こどもの写真の撮り方講座」の講師を任せていただきました。

その人数、1100名以上

最初は1つの会議室にみなさんが集まって1・2回講義するものかしら~??とイメージしていただけに、
この規模を理解するのに、しばらくかかりました…(◎▽◎;)

d0170980_17405151.jpg
d0170980_17405975.jpg
d0170980_14433963.jpg
↑@東京支社での講座風景(3つの会議室をぶちぬいて130名以上が参加…)



1つの講義場所(園や会議室)に、その周辺地域にある園の保育士さんたち(=複数の園)が集まるのですが、
2月末から5月上旬までは(東京・埼玉・千葉・神奈川)関東12箇所をまわり、
下旬から6月にかけては(名古屋・大阪・仙台・札幌) 地方箇所 もまわることになり、
ありとあらゆる土地をめぐること16箇所。しゃべりまくること261980分。

北海道においては1園しかないところ、社長の意向により向かわせていただくことになり、
大好きな「食」も堪能。各地で食い倒れてまいりました。(笑)

2月からあっという間に4カ月経過し、気がつけば2014年の半分が終わっていた・・・という、
これまでに感じたことのない異常な早さで過ぎた半年。

講座では、カメラの構え方から、「こうしたらもっと良くなる!」というテクニック、こどもの撮り方のコツ、
写真の考え方(←実はここが一番重要な部分)など、いろいろなことを喋らせていただきました!(>_<)ノ

d0170980_16204532.jpg
@名古屋本社(千種)
d0170980_16200070.jpg
@大阪(久宝寺)
d0170980_16105264.jpg
@仙台(小鶴新田)
d0170980_16105469.jpg
@札幌(桑園)



そして、この「写真講座」が
朝日新聞(2014年5月15日付 2県神奈川全県(28面))と朝日新聞デジタル
記事として掲載されるという、驚きの流れも・・・☆



d0170980_11181111.jpg
d0170980_11120699.jpg



これまで「写真に興味があり、写真が好き」という方に向けての講座は経験していたものの、今回は“研修”。

写真がもともと好きな方もいらっしゃる一方で、
関心もあまりない、カメラを扱うのも写るのも苦手、という方もいらっしゃり、気持ちのレベルも・・・

そんななかで、どう講義していけば、今よりもっと関心を持って取り組んでいただけるのか、
どんな話をしたら写真の良さや意味をもっと伝えられるのか、楽しんでもらえるのか。
毎度毎度が挑戦の場であり、試練の場であり、勝負の場でもあり、試行錯誤の日々で、
私自身もこの講義、そしてみなさんから、たくさんのことを学ばせていただきました。



d0170980_15330994.jpg
@神奈川
d0170980_15330986.jpg
@東京支社



講義後にはアンケートにご協力いただき、率直な意見やご感想を聞かせていただきました。

●講座はどうだったか?    
●どんなところがよかったか?(具体的に)
●講座を受けて思ったこと感じたこと自由に(絵でも◎)

1枚1枚のご回答に考えさせられ、励まされ、
あたたかい感動のメッセージも山のようにいただき、とても感激しました。


d0170980_23080195.jpg
d0170980_23075663.jpg
d0170980_23080465.jpg
d0170980_23080775.jpg
d0170980_23080905.jpg
d0170980_23081144.jpg
d0170980_23081497.jpg
d0170980_23100703.jpg
d0170980_13405246.jpg
↑ この写真×2倍くらいのアンケート回答をいただきました(ほぼ1100名分…)



写真撮影に必要なのは、カメラの知識・テクニック・センスだけでなく、
楽しむ心や、撮影対象との向き合い方、写真への考え方も少なからず作用していきます。
むしろそこが一番大切になるところではないか?と私は考えていたので、
「なぜ写真を撮るのか」「そこにどんな意味や価値があるのか」をみなさんに感じ取っていただきたく、
私のこれまでの実体験や経験談を交えて、話させていただきました。


d0170980_15330980.jpg

保育士・学童指導員の先生たちの一番の重要な職務は「保育」であるので、
こどもたちを看ながら合間に写真を撮るということは、本当に本当にたいへんなこと。

気持ちや行動がついていけていない、というのも当然のところであるなか、
講義後、「考え方が変わった!」といった内容がアンケートでたくさん返ってきて、
私がみなさんに伝えたいところや、考えていただきたい本当のところをきちんと感じてくださったんだなぁ
と本当にうれしかったです。


d0170980_15334279.jpg
d0170980_22300577.jpg
d0170980_22303549.jpg
d0170980_22302730.jpg
d0170980_22303242.jpg
d0170980_22301933.jpg
d0170980_22301596.jpg
d0170980_22300295.jpg
d0170980_22295354.jpg


そのほか、
「子ども達の今をとても大切にしていきたいと思った。」
「園では勿論、自分のプライベートでも写真を残すことの大切さを感じました。」
「写真に関することを学んだが、”今を大事にしないくてはいけない”という点で、人生観についても学べた気がした。」
など、載せきれないほどに、どのご感想もとても心に響くものをいただき、
みなさんの真剣さや素直な思いを伝えていただいて、本当にうれしく感じました。

「○○という言葉が響いた」「印象的だった」という、
私の発した言葉の1つ1つも気に留めてくださったと知ったときには、さらに感激!

講座も「とてもよかった」「よかった」がほぼ全体を占めるものとなり、多くの方から好評をいただくことができました。
(受講後のモチベーションや撮り方も変わったというご報告もいただきました☆)


なかには私の講座そのものに対するこんなご感想もあったり…!
「熱く」伝わっていたことが分かりました!(笑)

d0170980_22295609.jpg


1時間半しゃべり続ける(そしてそれをいくつもこなしていく)ということもそうでしたが、それ以上に
「伝える」ということが、いかに大変で重要なことなのか、本当によく分かり、
自分にできること(やらねばならないこと)が写真を撮ること以外にもまだあるということにも気づかされました。


日本保育サービスでの写真講座は、“2014年を象徴する大きな出来事” 。

最初の出会いから5年ほど経っていたにもかかわらず、
私のことを覚えていて、写真講座講師のご相談をくださった東京支社の村田様や原様を始め、
講座の準備や手配など、スムーズにサポートしてくださった企画室の方々に心より感謝申し上げます。


これからも " 写真の大切さ " をたくさんの方に伝えられるよう、
より一層精進していきたいと思います!(>_<)




【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。東京都在住。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
そのほか株式会社
日本保育サービスでの園内研修で、全保育士・学童指導員1100名以上対象の写真講座講師を務めるなど
活躍の場を広げている。
プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼専属カメラマンとして日々奮闘中。
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2014年5月15日〔朝日新聞〕本紙朝刊 神奈川県版にて、保育士・学童指導員約1100名以上を対象とした
 株式会社日本保育サービスでの写真講座の取材記事が掲載されました
 
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20140515150230001.html
・2014年3月~『フォトグラファーアシスタントになる旅』@仕事旅行社 実施中!

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
写真集: 
http: //bit.ly/1bBNp8R
************************************

[PR]
by shiworims | 2014-05-15 10:00 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 思いがけず『an・an』に載るという出来事


anan に出るなんて思わないわけです。

昨年撮影させていただいた、茅場町いとう医院http://www.kayabacho-itoiin.jp/の院長・副院長のポートレート。


『いざという時に頼りになる女性のための病院探し』のコーナーに掲載されました!




2014.03.26発売 1899号

d0170980_18034887.jpg
  

d0170980_18035503.jpg
d0170980_18040207.jpg



レディースクリニックの開院用にと、
その顔でもある『茅場町いとう医院』の院長・副院長の大事なポートレート
昨年夏に任せて頂いたのですが、

まさかその写真が、その半年後にan・anに載るだなんて、到底思わないわけです。(笑)

しかも ファイルナンバー 01 って・・・!!w(◎0◎)w

医院でも素敵な誌面になって喜んでいただけているとのこと!

それには裏話もあって、伺ってびっくりしました。




現物 ↓
d0170980_18060997.jpg



このコーナーには、ほかの病院もたくさん掲載されていたのですが(11カ所)、
写真が良い☆というところが加味されて、大きな扱いになったとか・・・


当初はもっと小さいスペース(2分の1)での予定だったようですが、
この写真を渡した時に広告代理店の方から

「こんなにいい写真があるのならもっと大きな枠でぜひ!」

と、価格も割引で大きな枠になったとのこと。 (◎0◎)


“写真がきれいで、広告としても質の高いものにできる”ということからの
1ページ掲載へのアップグレード(しかもトップバッター!)・・・

これには私もカンゲキ!! (>w<)



「しをりさんにぜひポートレート撮影をお願いしたい」
と、院長・副院長に引き合わせて下さった方への感謝の気持ちもいっぱいで、
それぞれに喜んでいただけたことが本当に嬉しかったです。


素敵な出会いをいただいて、ありがとうございました!








【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。東京都在住。こども写真/出張撮影専門フォトグラファー。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
プライベートでは、甥2人姪2人のベビーシッター兼専属カメラマンとして日々奮闘中。
d0170980_09290977.jpg





//NEWS//
・2014年3月~『フォトグラファーアシスタントになる旅』@仕事旅行社 実施中!

************************************ 
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
写真集: 
http: //bit.ly/1bBNp8R
************************************

[PR]
by shiworims | 2014-04-18 18:25 | ★☆メディア掲載☆★

PHOTO NEXT 2013 イメージ写真&有料セミナー講演 無事終了!その舞台裏とその後☆

2013年6月25日(火)・26日(水)

東京ビッグサイト(西4ホール)で開催された、

日本で唯一最大スケールのフォトビジネスフェア
PHOTO NEXT 2013
http://photonext.jp/PHOTONEXT2013/

d0170980_2151485.png


にて、

私が取り組んでいる新生児の写真 “ニューボーンフォト” が、
2013年今年のイメージ写真に選ばれ、
会場のあらゆるところに大きく展示されました!


さらに!

ニューボーンフォトの第一人者として有料セミナーでの講演をもさせていただき・・・!(汗)
http://photonext.jp/cn9/pg77.html

なんと、今年は2日間で3万人が来場したとか。。。(え?!!)


d0170980_18111542.jpg



オファーをいただいてからこの日を迎えるまでの数カ月は、緊張とプレッシャー+バタバタの毎日。
無事に終わって、本当に本当に本当によかった!!!(><)
(そのためか、26日講演後から1週間すぎてもなかなか抜けない疲れ…f(^_^;))


かつて何度か行ったことのある国際展示場、そして、私自身も来場者の一人として行ったことのあった『PHOTO NEXT』・・・
その会場に自分の作品がドでかく各所にあったというその感動は、
決して忘れることがないと思います。



りんかい線の国際展示場駅からビッグサイトに向かって歩いて、まず最初に待ち構えていた看板が見えたそのとき。

これまで歩んできた道が、それこそ走馬燈のように頭を駆け巡ったのですが、

いちばん苦しかった時期のことをいちばん思いだして、
本当に泣きそうになりました。(誰もいなかったら確実に号泣です)


こんなことが私の身に起きることを、いったい誰が予測できたか。


右も左も分からず、(いきなり)フリーランスになって、辛く大変なこともたくさんありましたが、
こんな日を迎えられることができて、本当によかったと
心の底から思いました。



d0170980_17555162.jpg



d0170980_1814289.jpg



d0170980_1815066.jpg

み、見えてきた~!(☆▽☆)


d0170980_1884216.jpg

しゃ、写真撮ってる~!(T▽T) ※この前で記念写真を撮っているひと多数


d0170980_1822780.jpg

ド、ドでかい~!! ぅわ~ 感激・・・・・・(泣)


d0170980_18141559.jpg

西4ホールはあちらです・・・!


d0170980_1816564.jpg

会場が近付く...ドキドキ!


d0170980_18173796.jpg

「受付けはアチラです~」と係の方。 その前にはドでかい私の作品が・・・!! ※ここの前でも記念写真を撮っているひと多数


d0170980_18183227.jpg

こちらが受付けなんですね?! あ、あれ?奥の方にもドでかいのがあるぞ・・・?! あれ、、、ユーノ(姉の方の第一子)の写真じゃないか~!(◎0◎;)


d0170980_18221846.jpg

お、おっきいユーノ(姪)がいる・・・!(驚)


d0170980_18231123.jpg

そして、来場者全員に配られる公式ガイドブック・・・しかも全部クレジット( 『 photo / 片山しをり Shiwori photography 』 )入り!看板も何もかも!(涙)


d0170980_18371425.jpg

イベント会場内はこんな感じ。 初日もすごい人でした!


d0170980_18374599.jpg

そして、主催者ブースにはまたまた私の作品(開催案内ポスター:姪)がズラリ・・・!



・・・そう、こんなことが私の身に起きました。

自分の目で直接見て、やっと信じることができた嬉しい現実。



そして、翌日26日(水)には最大の試練 “有料セミナー講演” が控えており、
最終打ち合わせ後は足早に自宅に帰り、確認確認・・・!
早めに寝床についたのに、ぜんっっっぜん眠れず、やっととれた睡眠3時間。。。(=_=;)

こんな調子で果たして講演は上手くいくのか?!と直前まで本当に心配で、
どんな方が来られるのかもおおよそしか分からないし、
答えにくい質問とか聞かれちゃったらどうしよ~(T▽T;)と 不安は尽きず・・・。

でも、その時間は確実にやってくる。。。

ので、もう腹をくくって!(笑)

d0170980_18482182.jpg



d0170980_1856464.jpg



d0170980_18561887.jpg



d0170980_18562817.jpg



おかげさまで、
無事!好評のもとに!終えられました!! (安っ心!!!!!!) (T_T)


念入りに打ち合わせて、自分でも「このときにこの話題を・・・」などを紙に記しつつ考えてはいたのですが、

いや~ 本番というのは分からないもの。 f(・_・;)

言い忘れたり、質問にちゃんと答えられていなかったり・・・(苦笑)
それが自分でも分かるし、でもなかなか巻き戻せないし、「講演ってむずかしー!」と焦りました。。。

最初の最初は本当にカチコチで、
受講者の方も真剣なまなざしで聞いてくださるから、それもまた緊張で(笑)、

講演1時間のうちの30分は、本当に本当に長く感じました…orz



d0170980_1924187.jpg

(当日配布した資料。 お客様からいただいたご感想を中心に作成。この準備とプリント印刷で冷や汗を何度も掻きました(^皿^;))




主催者の方が司会進行をしてくださったので、それだけでもかなり心強かったのですが、
(オファーが来たときから、一人でプレゼンなんて到底無理!!と思ったので巻き込む・・・^^;)
思っていたよりもお互いの席が離れていることに寂しさを感じ、また緊張(笑)

ですが、何度も目を合わせてニコニコしてくださったので、徐々にペースも取れ始め、
くまを出したあたりからなんだか落ち着いてきました。
(※当日セミナーの記録撮影をしてくれた写真学科の同級生からの証言(笑))


くま(もちろんぬいぐるみです!笑)は、私のニューボーンフォト撮影でのアシスタントでして、
ご家族にポーズを分かりやすくお伝えするために、いつも機材バックのなかに入れて連れて歩いております。

「このくまを明日セミナーでも使いましょうか!」と前日の25日に決まり、持参してきたものの、
事前に机の上に出すのを忘れていて、それもかなり焦りました(笑)
ちょうど30枚の作例スライドショーが始まったので、「い、今しかないでしょ!」と一瞬消えたりして(笑)


マズイ!! と思ったのは、
リピーターさんについての説明と、印象的だった最近の撮影の話をしたとき。

前者ではこれまでお会いしたご家族の笑顔、そして後者ではママからのご感想と撮影に際しての背景を思い出して

感極まる。。。



そんなドタバタでタジタジの私の話に 「うん、うん」と頷いてくださった方も多く見受けられて(かなり救われました・・・涙)、
質疑応答もちゃんと(?!)答えられたし、
なにより、講演後の長蛇の列には本当に驚き、すごく嬉しくて、

それぞれの方が私に熱い“想いを返してくださったことに、本当に感激しました・・・・・・!


d0170980_20534441.jpg



d0170980_20542562.jpg



d0170980_20545317.jpg



d0170980_2055514.jpg



d0170980_20551622.jpg

(※当日配られた公式ガイドブック。2日目の午後には品切れ)




大雨で足元も悪いなか、南は沖縄・鹿児島。北は新潟。 近畿地方からもたくさんいらしてくださって、
しかも名刺交換をしてくださった方皆さんが “私の講演を聴きに来た” と言っていて・・・・・!
(講演は1枠2名で1時間ずつ。受講者の方々はほとんどが写真館の方です)

女性の方も多くて、なかにはお互いウルウルしてお話しした方も。(ここでも感極まる笑)

全員と話し終わったのが、講演から約1時間後・・・。


伝えたい知ってもらいたいと思っていたことがちゃんと届いたことが分かったこともそうですが、
同じ想いを持った各地の“同志”にお会いでき、知り合えて、本当に本当に嬉しかったです。




これからこの『ニューボーンフォト』に取り組む方も徐々に増えていくことでしょう。
いろいろな表現もできてくるかもしれません。

ですが、こちらも “想い” を大事に、
ご家族と新しい命のため、素敵な時間と写真を各地のフォトグラファーで
創り上げていくことを一緒にできれば素敵だなと思っています^^

撮る側も撮られる側も、それを見た人も、みーんな温かい気持ちになれる。
そういう雰囲気を日本全国で広げていけたら、とっても素晴らしいことだなぁ。

d0170980_21533118.jpg

(※当日配布した資料の裏面。ご家族との写真やお手紙を掲載させていただきました)



最後になりますが、

今回のイベント出演に際し、
お声かけしてくださりセミナーのサポートまで尽力してくださった主催者プロメディアの皆さま、
ご協力いただいた皆さま、応援や励ましをくださった皆さま、そして家族に

心から感謝を申し上げます。

どうもありがとうございました!



私もますます頑張っていきますので、これからもどうぞ宜しくお願いいたします! o(^v^)o


d0170980_21172434.jpg

(※写真は一番の立役者たち。兄姉と父。そして後ろの看板の被写体で、またも大泣き中の姪と甥)





☆☆☆☆☆☆☆ ↓ イベント後、『スタジオNOW7月号』PHOTO NEXT 2013 のレポート特集号に、私の作品がたくさん掲載されました・・・(T_T) ↓ ☆☆☆☆☆☆☆


d0170980_1633215.jpg



d0170980_16363960.jpg



d0170980_1637174.jpg



d0170980_1637109.jpg



d0170980_16372173.jpg



d0170980_1637291.jpg




バックナンバーにも加えられている~!(5月号のところです!)

d0170980_1638822.jpg



こんなたくさん写真が・・・、
しかも『スタジオNOW』では2月号から5月号、そして7月号・・・と掲載していただくことになり、

あのとき写真に戻ってきて、
あのときニューボーンフォトを始めて、

ほんっとに良かったなぁと心から思えます。

何度振り返ってみても、
支えて応援してくれる人なしには やってこれませんでした。
私に撮影をご依頼いただいたご家族のみなさんなしにでも…。


そして今回、
私の作品 “ニューボーンフォト” を高く評価してくださった主催者のプロメディアさんとの出会いがあって、
『PHOTO NEXT 2013』 や有料セミナーについても かなりお世話になりました。

写真業界、なかでも、一般のご家庭をお客様としているこの商業写真業界において
このように注目してくださって、本当に嬉しく、有難かったです。

ありがとうございました!






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ↓ 以下は、イベント前にUPしていた内容です ↓ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


d0170980_11304322.jpg




『PHOTO NEXT』は、
写真に関わる出展者と来場者、約2万人もの人が集まる、年に1回開催のとっっっても大きな展示会イベント!
(※一般の方も無料で入ることができます)

d0170980_11321525.jpg


当日は、私のニューボーンフォト
来場者全員に配られるパンフ、各入口での看板、ポスターなどになっているらしく(しかも私の名前入りで!)、
それ以外でも、イベント終了後には各所に配布される報告資料、WEBなど、少なくとも1年間は人の目に触れることとなるようです。

講演も70名が対象とのこと・・・・・ 

た、大変なことになっている。。。(汗)(◎~◎;)

d0170980_1133279.jpg




このイベントは本当に規模がすごくて、今年は出展者数も最大だとか!
来場者数も、それはそれはすごかったです。。。。。。

というのも、かつて私も“来場者”のひとりとして参加したことが!!
それも、(いきなり笑)フリーランスフォトグラファーになることになってちょっと経った頃で、
ニューボーンフォトを自分のメイン活動としてやってみようと始めてみたものの、
この先それがどうなっていくかもまっっったく見当がつかなかったとき。


それだけに、

このお話を頂戴したとき、
「あんな大きな場で、こんな機会をいただけることになるなんて」 と本当に思いました。
しかも講演まで・・・!!(汗)

d0170980_21385390.jpg

この『PHOTO NEXT』を主催しているプロメディアさん。
今年1月取材を受け、同社発行の『スタジオNOW』2月号(※写真参照)にニューボーンフォトを取り上げていただいたのですが、
http://swrphoto.exblog.jp/17857168
今年のイベントテーマが「探せ育てよ次世代ビジネスの芽」ということで、私の作品がぴったりと合致したとのこと…!
(5月号にはイベント特集で、私の作品が表紙になりました。しかも、後ろにもなかにも!笑)

d0170980_11341225.jpg



d0170980_11342475.jpg



d0170980_11343536.jpg




『スタジオNOW』でニューボーンフォトの企画が持ち上がるまで、
そして私にオファーがくるまでの経緯も担当者の方からお伺いしましたが、

どれ1つとっても、どれ1つ欠けても結びつかなかったのかもしれないと思うと、
出会いや縁、タイミングというのは不思議なものだなと感じ入りました。


そして、振り返るのは、今までのこと。

数えきれない出会いとこれまでの経験、応援と励ましの言葉・・・
すべてが本当に有難くて、

もし、兄から「ニューボーンやっちゃいなよ」の後押しがなかったら、
もし、私と私の写真の可能性を信じて言葉をかけてくださった方々と出会えなかったら、
この舞台に立つことはなかったと思います。


信じてくれる人、支えてくれる人がいてくれたからこそ、
続けることができました。
この場を借りて、深く感謝申し上げます。


当日はどうなってしまうのか、これまた見当がつきませんが、
自分の作品がそこかしこに大きくあるという、その様子をこの目で見ること、見ていただけることが本当に楽しみです。


講演も頑張ります!!!!!!!



=== PHOTO NEXT 2013 詳細 ===

期日: 2013年6月25日(火) 10:00-18:00
          6月26日(水) 10:00-17:00  ★セミナー講演日

場所: 東京ビッグサイト 西4ホール
     http://www.bigsight.jp/general/access/

◎Shiwori photography講演の有料セミナー◎
26日(水) S-3  609会議室 10:00-12:10 (私は11:10~)
テーマ
『いままでの写真館概念をぶち壊せ
六本木新スタジオ&新生児写真に次代を捉えた』

=============================


【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。東京都在住。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
現在も独自の視点で赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
www.shiworiphoto.com


*****************************************   
変わりゆくその姿を。  Shiwori photography

片山 しをり Shiwori KATAYAMA
Mail: info@shiworiphoto.com
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W)
Photoblog: swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
      shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:  twitter.com/Shiworiphoto
*****************************************

[PR]
by shiworims | 2013-07-04 21:28 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 『スタジオNOW』2月号

2013年2月号の
『スタジオNOW』

私が2009年より撮影を続けている
“Newborn photo ニューボーンフォト”が取り上げられました。


d0170980_14321875.jpg


d0170980_14324136.jpg


d0170980_14383696.jpg


d0170980_1434010.jpg



この雑誌は、“撮影ビジネスの現場からいまを伝える情報誌”として
主に商業写真館などに届けられる機関誌です。

今回『ニューボーンフォト』の特集が企画されるということで、
「ニューボーンフォトの第一人者であるShiworiさんに取材をお願いしたい」とご依頼をいただきました。

ニューボーンフォトの撮影を始めて今年で4年目、この表現を知ってからは5年目を迎えるのですが、
こうした機会をいただけるようになって、本当に有難く嬉しいです。

ほか3名のフォトグラファーの写真や取材内容も紹介されているなか、
誌面には“Shiwori氏”とそのコメントがたくさん登場...!!!

いっちょ前に語っている感じがなんだか恥ずかしいですが、
自分の名前や発言が随処にあるのを読むとやっぱり嬉しく感じます。



■ニューボーンフォトと私のそもそもの出会い
2008年アメリカへの短期ホームステイでアメリカ人の友人から
「このベビーフォトグラファーが有名なのよ^^」と写真集を教えてもらったとき。
その衝撃度、感動は今でも鮮明です。

日本で生後間もない赤ちゃんの写真といったらお宮参りや百日(で着物やベビードレスを着せて撮る)しかなかったし、
裸の赤ちゃんがモノクロの背景のなか、ママやパパの腕に包まれたり、掌に乗せている写真を観たときには
「なんて美しいんだろう!!」と本当に感激しました。

「やっぱり海外の写真は違うなー!」「外国人だからできるし似合う表現なのかな」なども思って、
この分野についての日本名もなかった当時。 (検索する“名称”がなかったです)

まさかその後、自分が『ニューボーンフォト』と名付けてこれに取り組むことになるとは、
そして、“第一人者”として、この『スタジオNOW』や『週刊朝日』http://swrphoto.exblog.jp/13320157にも
取り上げられることになるとは、本当に想像できませんでしたが、そうなっている現実…!



■ニューボーンフォトのこれから
この写真集と出会い、同時期に、フランスで新生児写真を撮ったというご近所さんに知り合ったこと、
さらに兄からの「YOUやっちゃいなよ!」(笑)のプッシュで始めることになった“ニューボーンフォト”は、
この頃になってようやく少しずつこれに取り組み始めるフォトグラファーも増えてきました。

これからもっと多くのご家族に知っていただけるようになれば、
子どもの成長のなかで最も早く、貴重な新生児期(生後1カ月までの間)の限られた時のお子さんやご家族の姿を見逃さず、
素敵な写真で残していただける機会も増えることになることでしょう☆

そしてその写真表現もフォトグラファーによってさまざまになっていくと思いますが、
私は今までと変わらず(そして今まで以上に!)
ご家族の内面(想い)や産まれて間もない赤ちゃんのありのままの姿を
美しく・力強く写し込むことを大切にしながら、
そこから何かを感じていただけるような写真をたくさん残していけたらと思っています。

大切な時間を素敵な写真にして、多くのご家族に喜んでいただけますように…
ガンバリマス!



Shiwori photography
フォトグラファー Shiwori(片山しをり)


======================
ニューボーンフォトについて、詳しくは以下のHPにて
http://shiworiphoto.com
======================

【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。東京都在住。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
現在も独自の視点で赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
www.shiworiphoto.com



[PR]
by shiworims | 2013-02-19 17:02 | ★☆メディア掲載☆★

【メディア掲載】 『週刊朝日』グラビアページ

本日(2011年4月5日)、
『週刊朝日』4/15増大号グラビアページ

私が2008年より撮影を続けている
“Newborn photo ニューボーンフォト”が取り上げられました。
(計5ページ)

d0170980_1591555.jpg


d0170980_1593566.jpg


d0170980_1510277.jpg


d0170980_15103097.jpg


~~~ 記事内容(※原文そのまま) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

愛情を素直に伝える
ニューボーンフォトの世界


 Shiworiさんが手がける 「ニューボーンフォト」は生後数日から約1カ月までの
新生児を撮りおろしたものだ。
お宮参りや百日祝いで初めて記念写真を撮ることが多い日本ではあまり知られていないが、
欧米などでは誕生を祝う記念として、またアートとしても認知され、親しまれている。
 この時期の赤ちゃんは、日々驚くような成長と生命力を見せる。いっぱいに広げた口からは、
元気な鳴き声が今にも聞こえてきそう。薄いまぶたを閉じて眠る顔は、見ているほうの気持ちを優しく、
温かくしてくれる。
 「ニューボーンフォト」の撮影では、家族が総出で参加することも多い。主な撮影場所は各家庭の自宅だ。
Shiworiさんがこんな話をしてくれた。
 「あるご家庭では、おじいちゃんが撮影用の洋服を張り切って用意して、おばあちゃんは私の撮影を手伝い、
レフ板まで持ってくれました。また別のご家庭では、小学生のお兄ちゃんとお姉ちゃんが木箱や布団を
持ち寄って、撮影の提案をしてくれました。赤ちゃんがおしっこをするようなハプニングもありますが、
自宅での撮影は楽しくにぎやか。赤ちゃんの体調にも目を配りながら、家族と一緒に写真を創りあげる
という気持ちで臨んでいます」
 小さな命を見守る家族の愛情や喜びを、モノクロの写真が素直に伝えている。
のちにきっと、成長した子どもは、自分がどれだけ祝福されて産まれてきたのかを、その写真で改めて知る。
 
本誌・坂井浩和

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



このような素晴らしい機会をいただくことができ、

被写体になっていただいたご家族はもちろん、
そのほか撮影でお会いしたご家族みなさん、
応援し、支えてくれた家族・親戚、友人・知人のみなさん、
学校の先生や日芸写真学科OB・OGのみなさん、
『週刊朝日』に薦めてくださった朝日新聞社のもう一人の“先生”、
そして
素敵な誌面を作ってくださった編集部のみなさまに

心より感謝申し上げます。



ここにたどり着くまで
本当に色々なことがあり、写真に悩み、迷い、苦しめられた日もありましたが、

思い返してみると、いつも学ぶことや考えさせられることがあり、
それがすべて、『力』になっていました。



これまで出逢ってきた1つ1つの縁やタイミングが重なっていったからこそ
今日のこの日に巡り合えたと、心から感じています。



自分の写真に自信が持てず、焦りを感じていたときに
私に勇気や希望をくれた皆さんには感謝しても感謝しきれませんが、
その分今度は私自身が私の写真で
誰かに勇気や希望を届けることができたら…と
おこがましくも思っています。



いただいた縁をこれからも大切にしながら
いつまでも喜ばれる写真を撮り続けていきたいと思っておりますので
温かく(ときには厳しく)見守っていただければ幸いです。

本当にありがとうございました。


Shiwori photography
フォトグラファー Shiwori (片山しをり)



======================
ニューボーンフォトについて、詳しくは以下のHPにて
http://shiworiphoto.com
======================
[PR]
by shiworims | 2011-04-05 23:16 | ★☆メディア掲載☆★