<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

片山しをり写真展 ~来場者からのご感想~

d0170980_11503391.jpg


2013年9月28日(土)~10月11日(金)開催

『 片山しをり写真展 -Newborn- 』


たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。

その分ご感想もたっくさんいただきまして、本当に感激・感動いたしました。どうもありがとうございました。

そのなかのいくつかを
(といっても、本当にたくさんいただいたので抜粋してもクドイくらいにたくさん・・・ですが(^v^;))
ご紹介させていただきたいと思います!


どれもがみんな大事な大事なメッセージ。

どの文章にも発見があり、改めて感じることもあり、
何度読んでもじ~んときます・・・


私も時折このページを読み返して今後の糧にしながら、
より一層頑張ってまいりたいと思います。


本当にありがとうございました





~ ご来場いただいた皆さまからのご感想 ~


地元東村山市民や周辺地域の方から
● 『本当に素晴らしいと思いました。何かを考える前に心に迫ってくる圧倒的な画の力に感動しました。


● 『とても素敵な写真展でとても感動しました。はじめての写真展とは思えません。
 私も2人産みましたが、撮ってもらえば良かったです(笑)
 写っているご家族の”愛”を感じ、しをりさんの”想い”を感じた気がします。


● 『我が子の誕生の事をお写真・作品を見て、思い出させていただき、
 子育ての苦労も忘れてしまうほど、温かな気持ちになりました。ありがとうございました。』


● 『涙しました。写真から溢れるエネルギーが心に響く。本当に魅力的な作品ばかりです。明日もお邪魔します。』
  『本日3回目です。何回見てもステキです。白黒写真だから感動できる訳ではなく、白黒の技術、センスがとても輝いています。
 機会があればまた観に来ます。ステキなものをありがとうございます。』


● 『Newborn photoを初めて知りました。とても温かい幸せな瞬間が切り取られていて、とても感動しました。
 こういった写真が残せる事をもっと早くに知っていたら自身もお願したかったなと思います。

 パパママはもちろんの事、おじいちゃんおばあちゃんも満面の笑みだったり、一つ一つの写真に感動しました。又、機会がありました際には是非拝見したいです。』


● 『生まれて間もない時のひとつひとつの瞬間、表情が一枚一枚の中におさめられていて、とてもステキな写真を見せていただき、ほっと心があたたかくなりました。
 子どもたちや自分自身にもこのような時があったのだなあと思いをめぐらせました。
 家族で写真を撮ることがあっても、このように撮っていただけることは素敵ですね。』


● 『とても面白かったです!モノクロの写真なのに生命力にあふれていて、目が引きつけられました。 
 大きく伸ばして見せてもらえるのもとても良かったです。近所なので、またお伺いいたします。』


● 『命の喜びにあふれたすばらしい写真展でした。Newbornphotoというジャンルがあることを初めて知りました。 
 生まれたばかりの赤ちゃんがこんなにも表情豊かで生命力あふれる力強さを感じさせてくれるなんて。
 自分の子供の時は子育てに夢中でなかなか気付きませんでした。
第一人者としてのご活躍に期待しています。』


● 『1歳5カ月の息子を連れて来場しました。日々忙しくあっという間に1年経ち、今では新生児の時がなつかしいくらいです。
 自分の出産、息子の誕生を思い出しながら拝見させていただきました。
 涙があふれてきました。赤ちゃんの表情に癒され、「生きる」という素晴らしさを感じられました。


● 『赤ちゃんは生まれた時からプリプリした瑞々しい肌なんだと思っていましたが、カサカサした肌にびっくり。
 脱皮もするなんて知りませんでした!また展示があったら教えてください。』


● 『自分の出産の時を思い出しました。子供は本当に宝ですね。
 どこのお子様も「産まれてきてくれてありがとう!」
って大切にされる存在ですね。
 又、1つの命をおなかの中で育て、この社会に送りだす女性も、大きな仕事(仕事というより一大偉業)で敬意を持たれる瞬間だと改めて思い出しました。
 形として残る写真、すばらしいです。
これからもこのすばらしい、心の温まる写真を観せ続けてください。ありがとうございます。』


● 『新生児はほんの一瞬なのにバタバタで写真を撮り忘れてしまうことも多いですが、こうやって撮影してもらえるとよい記念になりますね。
 小さくてもこの世に生まれた力強さを感じるすてきな写真ばかりでした。


● 『東村山在住の友人に誘って頂いて見に来ました。
 自分も3人の子どもがいますが、貴重な特別の“時”を思い起こし、幸せになりました。 誰もが無条件に幸せな笑みを返してしまう天使のような笑顔・・・
 原点に戻って、自分や大切な人々の“生”への感謝、出会いの感謝でいっぱいになります。
 白黒の写真っていいですね。余計なものが省かれて、ストレートに感動が伝わってくるというか・・・。
 すてきな写真展、ありがとうございました。』


● 『こんなに赤ちゃんに表情があった?びっくりです。
 赤ちゃんは、泣いてるか、寝てるかみたいなざっくりしたイメージだったので・・
 我が子の表情や仕草をもっと見ておけばよかったなと後悔します。』

● 『出産した時のことを思い出しました。とても小さい手足。すぐ大きくなってしまうのに!
 帰ったら息子にやさしく?!しようと(笑)』


● 『アットホームな雰囲気でとてもよかったです。写真ステキでした。
 嵐の様にすぎてしまった新生児時代をこのように残していてとてもうらやましいです。


● 『Newbornのお写真に出会えてとても嬉しいです!しをりさんにも出会えてとてもとても嬉しいです。
 今日はおめでとうございます。ありがとうございました。』
  『3回目のおじゃまします!です!日常的に溜まってくる邪気が洗われる思いがします。。。最終日も来られて本当に良かった!!
 どの作品もしをりさんが撮っていらっしゃる「ならでは」の輝きとあたたかさで満ち溢れています。
 ありがとうございます。』


● 『妹が8歳離れていて、生まれた時の記憶を一気に思い出し、なんとも言えない気持ちになりました。
 そうそう、生まれたばっかりのあかちゃんてツルツルなんかじゃなくて、ガビガビでホゲホゲの何かグロテスクなあずき色の妖怪みたいなものだった!!みたいな…。
 こんなこと書きますが、私自身子どもは大好きで、他人の子どもがこんなに愛しくて自分の子はどうなってしまうのかと不安と幸せな気持ちが半々です。
 昨年結婚し、母になるチャンスもこれからあると思うので、このようなニューボーンフォトという思い出の残し方を知られて大変参考になりました、ありがとうございます。』


● 『いつもフェイスブックやツイッターなどで拝見しています。私にも子どもが産まれたらぜひ撮影お願いします!
 こんな写真を撮ってほしい!というフォトグラファーさんに初めて会いました。これからも応援しています。』


● 『普段から赤ちゃんと接する仕事をしていますが、新生児はやはり格別のかわいさです!
 触れることはなかなかできないだけに写真を通して拝見できるのは嬉しいです。
 娘たちの新生児期は顔のアップの写真ばかりで今後悔中・・・。新生児期ならではの雰囲気をたくさん感じました。』


● 『東村山で写真展をやっていることを知って来ずにいられませんでした。
 チラシの写真がとても印象的でした。モノクロがとても新鮮で、生まれたての赤ちゃんの表情、体の一部にしても、記念になるステキな写真だと思います。
 新しい発見、新しい写真ができてうらやましい!また機会があればお話ししたいです。』


● 『ふだん写真を観に行くということはないのですが、赤ちゃんの写真ということで見て見たくなり来ました。
 赤ちゃんの指や足がとてもかわいくて、私ももっと自分の子どもの写真を撮ればよかったなと思います。
 写真にもいろいろな可能性があるのだなと思いました。」


● 『かわいらしいベビーちゃんの表情にとても癒されました。
 病院のNICUというところで働いています。赤ちゃんの一瞬見せてくれる笑顔に励まされながら働いています。命の重さ感じます。
 モノクロ写真・・・かざらない素の表情が伝わってきました。また機会があったら見に来たいです。ありがとうございました。』


d0170980_10345160.jpg



これまで撮影でお会いしたご家族から
● 『どの写真を見てもウルウルしちゃう様な写真達で、子供を育てている今だからこそ感じる部分も多々あるかもしれないですが、
 愛がたくさんあふれる写真
が多くて本当に素敵です!!2人目の予定はまだまだないですが(笑)その時が来たらよろしくお願いします』


● 『しをりさんの写真には親の子供への愛が写っているから撮ってほしく、人に勧めたくなるのだと思います。
 おめでとうございます。これからもよろしくおねがいします。』


● 『やっぱり子どもたち二人撮っていただきたかった!それにつきます。是非孫を。20年後も現役で!
 素敵な写真をありがとうございました。』


● 『いつも素敵な写真を撮っていただき、ありがとうございます。
  しをりさんに写真を撮っていただいているときの子供達の笑顔を見ると、また撮って頂きたいと強く思います。』(パパから) 
  『見ていて強くひきつけられる写真ばかりでした。そして赤ちゃんっていいなぁ家族って大事だなぁと改めて思わせてくれる写真でした。』(ママから)


● 『神秘的な作品が多く、生まれたての子どもの写真で幸せな気持ちになりました。
 娘を撮っていただいた1年前を思い出し、子どもの成長を嬉しく思います。
 これからも写真で家族を笑顔にして下さい。ますますのご活躍をお祈り申し上げます。』


● 『四男の産後を思い出せました。ホントに小さかったんだなぁと改めて成長を実感できました。
 シヲリさんにも久々にお会いでき嬉しい限りです。ありがとうございました。』


● 『しをりさんに撮っていただいた三男も1歳を迎え、歩くようになりました。
 そして、3人子どもがいながら唯一の授乳写真。見る度に幸せになります。
 実は私もしをりさんの真似をして写真を撮り始めました。まだまだ上手には撮れませんが、赤ちゃんの可能性に触れ、とても楽しい時間です。
 そしていつもしをりさんの写真を楽しみに拝見しています!私も温かい空気が伝わる写真を撮りたいです! たくさんの手で包まれている赤ちゃんの写真大好きです!』


● 『あの空間の何とも言えない澄んだ雰囲気が、
 いる時は実感が無かったけど、新生児たちに囲まれて幸せな空間だった・・・と電車に乗って気付きました。』


● 『しをりさんお久しぶりです!お会いできなくて残念ですが、とても素敵な写真ばかりで感動しました。
 ちょうど1年前に結婚式の写真を撮っていただいたのですが、
 やっぱりしをりさんにお願いして良かった!と改めて思いました。またいつか夫ともどもお目にかかれることがあれば嬉しいです。
 写真をお願いできるような機会ができたらご連絡させていただきますね!その時は宜しくお願いします。』


● 『写真もすばらしいですが、そのむこうのひとりひとり(一家族一家族)のドラマをお話してもらい、楽しかったです。 一枚の写真ですが、深いですネ!


● 『どの家族がきても120%で対応するしをりさんをみて、これがしをりさんがやってきた仕事なのだな、と思いました。カメラマンというのは社交性命ですね!感服致しました。
 展示もアットホームな雰囲気でとてもしをりさんらしいと思いました。一方でもっと大きいのをみたい!という気持ちも。
 さらに広い箱でされるの期待しています♪(わたしは旅の写真の方も好きなんですよ!)』 ←http://shiworims.jugem.jp/



d0170980_10352152.jpg



地元東村山や周りの友人たちから
● 『東村山駅前の小さな空間に物凄い生命力を感じました。(胎内にいるような不思議な気持ちにもなったり…。)
 生きろ!!!!!落ち込んだらまた来ます。』


● 『何ものにも変えがたい新たな命。
 この命を守っていこうと心に誓うおとなたちの思いと優しさが伝わってくる
ステキな写真ですね。
 被写体の方と撮るしをりさんの優しさがつながったんですね。これからも頑張ってください。』


● 『見てて、泣きそうになっちゃいました。
 誰かのしあわせを切りとって、その一瞬を永遠にできるしをりさんって素敵すぎます!
 知らない誰かの写真でしあわせな気持ちになりました。


● 『生まれたての赤ちゃんの写真を見る機会はなかなかないので、
 大きな写真を目の当たりにしたのは、とても新鮮な感じがしました。

 赤ちゃんの皮膚がカサカサしているのも驚いたし、赤ちゃんと一緒に写っている家族の笑顔が印象的で
 家族が増えた喜びがこっちまで伝わって温かい気持ちになりました♪ これからもたくさんの写真を楽しみにしています!!』


● 『おめでとうございます!!そうですよねー。生まれたての赤ちゃんってカサカサだったりブツブツだったりしわしわだったり・・・
 それなのにこの世にこれ程愛おしい存在はないと、そんな気持ちを思い出しました!
 今後のますますのご活躍、楽しみに拝見させていただきます!』


● 『遠くからはるばる来訪した甲斐があり、以前から拝見させていただいていたのですがまたまた感動!!
 中欧旅行のご縁からまさかこんなに素敵な写真家さんになられるとは!!
 これからも陰ながらず~っと応援しています。横浜のおばさんより』


● 『改めてしをりさんの作品の素晴らしさを感じました。
 写真を見ていると、たくさんのあたたかさと“命”(生命力)の強さが伝わってくる作品ばかりで気持ちが落ち着きます。
 私もいつかぜひ撮影をお願いしたいな~と。ありがとうございました。』


● 『1枚1枚に家族やしをりさんの思いがつまっているなぁと鳥肌が立つくらい感動しました。
 どれも素敵な写真で来て本当に良かったです。私に家族が出来た時はぜひしをりさんに写真をお願いしたいです。』


● 『しをりさんの作品をこんなにじっくりみることができる機会が今までになかったので、来ることができてよかったです!!!!
 最近赤ちゃんや新しい命に出会うことが多く、そのタイミングでしをりさんの写真を見て、そのすごさを痛感しています。
 新しい命が産まれるって、とても素敵で奇跡に近い事なんだなって改めて思いました。
 そんなメッセージを作品からたくさん感じることができました。

 私もいつかお母さんになったら、しをりさんに撮ってもらいたい!笑 これからもたくさんの新しい命を撮影してほしいです。お体に気をつけてがんばってください。』


d0170980_10434896.jpg



学生時代の友人たちや先生、身内から
● 『写真どれもすごくステキです。しをりちゃんが愛情込めて撮影していることがひしひしと伝わってきました。』


● 『ほんと来て良かったわ!やっぱり生で見るのは違うよね。
 赤ちゃんの生命力というか赤ちゃん産んだ時の記憶がよみがえるというか・・・。
 本当に感動的でじーんときちゃった。』


● 『写真見て亡くなった父のことを思い出しました。自分も愛されていたんだなと再確認しました。感動!! 』


● 『どの写真もご家族の幸せなオーラが映し出されているように感じるね!
 実際に大きく伸ばして、作品として飾るとまた違った雰囲気で、とてもステキ!!


● 『新鮮だね!!君の優しさ、表現されてる!!』 (高校の先生から)


● 『あ、息子もこんなだったな、とか、この伸びた爪を切るのドキドキだったなぁ、とか
 出産直後の自分を思い出したり、濃密な思い出を喚起してくれます。
 そして、写真の赤ちゃんとご家族の幸せを祈りたくなります。
 よい時間をありがとう、また見せてね。』 (鎌倉の叔母さんから)







・・・・・・・と、
こんなにこんなにたっくさん!(まだまだあるんです・・・笑)

本当に本当にありがとうございました!!!(><)



そんな写真展の模様はこちら!! http://swrphoto.exblog.jp/19903158/







【片山しをりプロフィール】
1984年東京都東村山市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。
2009年より、それまで日本では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫
に取り組み、第一人者として今年6月東京ビッグサイトで開かれた『PHOTO NEXT 2013』での
今年のテーマ写真として抜擢、セミナー講演にも登壇することに。
現在も東村山を本拠地にしながら、独自の視点で、赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。

公式HP⇒http://www.shiworiphoto.com
公式FBページ⇒https://www.facebook.com/shiworiphoto






※片山しをり(初)写真集『Newborn』はご購入いただくこともできます。ご希望の方はinfo.shiworiphoto@gmail.comまでお問い合わせください。
 
d0170980_21474291.jpg

写真集は【東村山市立中央図書館】にも蔵書されています。
  こちらでも閲覧可能です(2016.11.21まで公開)http://www.mybook.co.jp/gallery/
([Shiwori]で検索)




【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。東京都在住。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
現在も独自の視点で赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
www.shiworiphoto.com

*****************************************   
 変わりゆくその姿を。           Shiwori photography 

片山 しをり Shiwori KATAYAMA 
Mail: info@shiworiphoto.com 
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W) 
Photoblog:  swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
           shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:    twitter.com/Shiworiphoto 
*****************************************

[PR]
by shiworims | 2013-11-07 14:15 | お知らせ

片山しをり写真展  無事終了!その模様☆

2013年9月28日(土)~10月11日(金)開催

『 片山しをり写真展 -Newborn- 』

無事、大盛況のもと終了いたしました。

たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました!



d0170980_19483216.jpg


d0170980_143658.jpg




d0170980_19505913.jpg



d0170980_195113100.jpg



d0170980_19512549.jpg



初めての(ちゃんとした)写真展、しかも個展、しかも東村山…という立地で、
どのくらいの方にお越しいただけるのかと会期前から不安に思っていたのですが、
自分でもびっくりするほど沢山の方々にご覧いただけて・・・

本当に感激しました。


身内・親戚をはじめ、友人・知人、高校・大学時代の諸先生方、
なかには、高校の先生から情報が伝わって中学のときの塾長がいらしてくれたり、
日芸写真学科を志望しているという後輩がお母さんといっしょに来てくれたりも!
(そして先輩づらを存分に発揮・・・♪(笑))

サプライズ訪問や数年ぶりの再会のほかに、
これまで撮影させていただいたご家族など、撮影の仕事で出会った方々に多数お越しいただけたことも、
本当に本当に嬉しかったです。




いちばん楽しくて、「写真展を開いてよかった」と思ったのは、
在廊のときにお会いした皆さんとおしゃべり+いっしょに記念写真を撮らせていただいたとき。

自分で築いてきたり、いただいた縁から繋がったいくつもの関係性が思い出とともに駆けめぐり、

それがあることへの誇りと、
それに囲まれている幸せと、
「こんなにもたくさんの人に支えられていたんだ」という感謝のきもちに包まれました。

今、こうしてここにたどり着けて、それを見てもらえたことが、とても嬉しかった。



d0170980_1275910.jpg



ほかにも、ポスターやFBなどを見て来てくださった方、通りすがりの方、誘われて・・・などと、
“初めての出会い”、“新しい繋がり”をいただけたのもまた有難くて、
自分が知らないところで人が人を呼んでいるような状態も多々ありました。

会期中、何度も来てくださったり、
(私自身でさえも、相当好きな写真家の写真展でない限り、会期中「もう一回観に行こう!」・・・とまでいかないのに!(>_<))
「涙がこみあげてきた」と言ってくださった方もいらっしゃったり…
(そんなご感想を聞いて、私がじ~ん(;_;))


私のこの初個展のために、
お忙しいなか合間を縫って来ていただいた皆さま、
埼玉・神奈川・千葉・大阪などの遠方からわざわざ出向いてくださった皆さま、
足元が悪いなかでもお越しいただいた皆さま・・・
特にお子さん連れのご家族においては、一緒に出かけることさえ大変だろうところご来場いただき、
本当にありがとうございました!


d0170980_21112621.jpg

↑ 来る人来る人がお祝いにと持ってきてくださった花束の数々。お菓子や手作り雑貨などもありがとうございました(;_;)



そんなこんなで、初日と翌日は土日+ギラギラの晴天もあって、
オープンの11:00~17:00まで、2日間かなりの大賑わいっ!!!
(⇒ギャラリー内ぎゅうぎゅうで、私も対応にてんやわんや状態(汗))

今年の9月10月はなぜか台風ラッシュ。
週末はほとんど豪雨のなかオープニングから晴れ続きなんて、やはり晴れ女である・・・
ということになるでしょうか?!(☆▽☆)

そのあとも最終日までほぼ人が途切れることなく、ありとあらゆる方にお越しいただけました。
(⇒当初3日間と定めていた在廊日も、結果ほぼ毎日ギャラリーに向かうことに・・・(^v^;))

まさかこんな状態になるとは・・・・・・・・


d0170980_219172.jpg

d0170980_2191392.jpg



d0170980_21453341.jpg



自分で眺めていてすごく面白かったのが、
ご家族が何組もいらっしゃって、同じ時間同じ空間に集まっている、という光景。

普段は私が各ご家庭に伺う方(出張撮影)というのもあって、
皆さんに私のいる場所に来ていただくということが、なんだか不思議で、そしてとても贅沢にも思えたなぁ!!


作品の被写体になっていらっしゃるご家族がいらしたときには、作品を背景に記念撮影している様子がいくつも見られて、
すごく感慨深いものがありました。(しかもお子さんはみんな成長を遂げているので、その変化の比較も面白い!)

そんなご家族がギャラリーに数組集合して、それぞれは初対面な間柄なところ『私』が共通点であることにもすごく嬉しく感じて、
一人でニヤニヤしちゃったりして♪♪♪ (^v^#)


あっちでは泣き、こっちでは授乳、そして向こうではおむつ替え・・・という光景もまた良かった~☆(笑)

私も学生時代より数々の写真展を観に行きましたが、
“静かに観る”(大声、大騒ぎはご法度)という暗黙のルールがあるためか、
ご家族、それも小さなお子さん連れを各施設で見ることはほとんどありませんでした。
(大学の先輩もこれについてはビックリ・感心していました!)

なので、今回ワイワイガヤガヤと、何の気兼ねなしに作品を眺めていただけて、写真を楽しんでいただけて、
本当に良かった。


d0170980_21515611.jpg

↑ うちの甥も「赤ちゃんかわいい~」とポートフォリオをぺらぺらめくっていました♪

d0170980_1224614.jpg

↑ これまで掲載された雑誌やチラシ類、写真展のために用意した写真集など、展示作品以外にも“見モノ”を設置!
  写真集は【東村山市立中央図書館】にも蔵書されています。
  ちなみにこちらでも見られます!(2016.11.21まで公開)http://www.mybook.co.jp/gallery/
([Shiwori]で検索)

d0170980_123048.jpg

↑ 小上がりなので、座ってゆっくりご覧いただけました☆(みんな手に取って見ていたり、感想を書いてくださっていたり・・・^^)

d0170980_1252026.jpg

↑ 書き終えたご感想(ご来場者カード)はこの棚の引き出しに♪ 

d0170980_2037226.jpg

↑ 何度も撮影させていただいているご家族の娘さんたちから、“私入り”の家族の絵もいただきました!『だいすき』の文字を読んで危うく大泣きしそうになった・・・(TAT)



会期後に、ご記入頂いた皆さまからのご感想を数えてみたら
なんと100を超えていてビックリ!!!(◎0◎)

それぞれの目線・立場からのご感想もたくさんいただき、私自身も新しい気付きや想いがいっぱい生まれました。

初めてこのニューボーンフォト(新生児の写真)を見た・知ったという方、
はじめてお会いした方からのメッセージにも発見がたくさんあり、

皆さまからいただいたお言葉のどれもが胸を打ちました。
(驚いたのは『ありがとう』の文字が多かったこと。その全貌はこちら!!http://swrphoto.exblog.jp/19903480/


いっしょに撮った記念写真も、私の大切なたからものです。

こちらこそ、本当にありがとうございました。


d0170980_1255277.jpg



また次回の写真展が開けた際は、ぜひお越しいただければ幸いです。

そのときはどうぞ宜しくお願いいたします!


平成25年11月吉日
Shiwori photography
片山しをり



★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
展示作品のミニパネルに使用させていただいたLIBLOさんが
私の写真展をご紹介してくださいました!
http://www.liblo.net/topics/?p=1963
★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★




【片山しをりプロフィール】
日本大学芸術学部写真学科卒業。産まれも育ちも東村山。
2009年より、国内では事例のなかった新生児のモノクロ写真≪ニューボーンフォト≫に本格的に取り組み、
その先駆者・第一人者として、2011年4月5日『週刊朝日』や、2013年6月25-26日東京ビッグサイトで開かれた
日本唯一最大のフォトビジネスフェア『PHOTO NEXT 2013』のテーマ写真に抜擢、有料セミナー講演にも登壇。
現在も独自の視点で赤ちゃんや家族のありのままの姿・情景を写真に納め続けている。
www.shiworiphoto.com


公式HP⇒http://www.shiworiphoto.com
公式FBページ⇒https://www.facebook.com/shiworiphoto

*****************************************   
 変わりゆくその姿を。           Shiwori photography 

片山 しをり Shiwori KATAYAMA 
Mail: info@shiworiphoto.com 
Official HP: www.shiworiphoto.com (B&W) 
Photoblog:  swrphoto.exblog.jp (COLOR)   
           shiworims.jugem.jp (TRAVEL)
Twitter:    twitter.com/Shiworiphoto 
*****************************************

[PR]
by shiworims | 2013-11-07 14:09 | お知らせ